デジタル風に吹かれて消えそうで消えない魅力ある銀塩写真にチョット嵌ってます。


by haruseikoku

個展「写真空間」

来週に迫った個展「写真空間」のセレクトが完了。
マットへの貼り付けもあと少し。
急きょ決めた個展であるのですが、
目標というか、何をしたいというのがはっきりしていたので、
割とすんなりと準備を進めていくことができたと思います。

写真を撮るという行為は、撮影者の意図でその場の風景なりを切り取っていくので、
出来上がった作品には、他人が入りにくいものだと思います。
自分の場合、いつの場合も、そんなことをことさら意識して、個展なりグループ展で作品を出してきたわけです。
しかし今回の個展は、ほとんど作品内容に強いこだわりはなく、
ごくというか、できるだけ自然に流れるようにセレクトしました。
むしろセレクトというよりは、
自分の気に入った写真をピックアップしたというほうが当たっているかもしれません。
そういう意味では、今回は、自分が心地よい写真を選んで、それを並べて、
本当にここちよい写真展になるかどうかが楽しみなことだと思っています。
b0320510_19152285.jpg
b0320510_19154499.jpg
b0320510_1916511.jpg

[PR]
# by haruseikoku | 2016-06-25 19:18

一応の

急きょ6月末に個展開催を決め。
当然こととして撮影する時間が無い。
いままでのネガからテーマを決めてプリントするしかない。
そんな思いだったのだが不思議と焦りはなかったです。
いままでのネガをいくつか見ているうちに。
捉えているもの共通点はすぐに見つかり、
と言うより、違うものを探すほうが難しいくらいだったのです。
テーマもとくに決めずに気に入ったものをチェックしていると、大変楽しいセレクトとなった次第です。
春に開催した植田正治さんの「軌道回帰」の展示方法を真似する。
そして、個々の作品は別につながりが無く、独立したものを並べる。
それで出てきたテーマが「写真空間」
あれやこれやとお作法を気にかけずに「空間を歩けたらいいかなー」っと思っております。
それで、本日とりあえずのプリントは終わりました。
アート300と言う印画紙を使い、
ほんとに気持ち良くプリントができました。
この印画紙にまつわる、扱いの難しさをいろいろな人が言ってくれましたが、
残念ながらどれも当たってませんでした。
他人の意見は貴重でしょうが、そこにその方の感情が入るので、あくまで参考程度です。
持っていた印画紙50枚のうち、5~6枚残しました。もしものプリントやり直しのために大事を撮った次第です。
さてさて、これから最も楽しいレイアウトがあります。
自分の世界に導いて来れるように、力を込めてのレイアウト、
いつものように、せいぜい楽しんでみたいと思います。
6月28日(火)~7月3日(日)まで開催、
壹燈舎でお待ちしております。
ご一緒に楽しい気分に浸れたらうれしい次第です。
b0320510_21373090.jpg
b0320510_21381063.jpg



[PR]
# by haruseikoku | 2016-05-23 21:45
昨年末開催しました「明日をめくる」の
2016年バージョンを進めているわけですが、
今年は、「明日をめくる」カレンダー展開催の半年前、
つまりこの6月に関連企画を組んでいます。
6月12日から19日までいろいろなワークショップを行い、
「明日をめくる」カレンダー作りの参考にしてもらおうというわけです。
12日サイアノプリントWS
14日フォトグラム、ソラリゼーションWS
15日モノクロプリント体験WS
16日レタッチ体験WS
17日写真空間を創るWS
18日「明日をめくる」カレンダー作りWS
そして、最終の19日は13時から家族写真で木村伊兵衛賞に輝いた
写真家浅田政志さんを招いてのトークショーを行います。
場所は、レトロビルの淀屋橋駅すぐの「芝川ビル」
トークショー後は、浅田政志さんの写真集販売とサイン会を行います。
さて、彼の写真に対する未来像はどんなものなんでしょうか?
興味深いお話が聞かれると思います。
ちなみ、私も少しだけ写真とギャラリーの未来を語りる予定です。
この機会にたくさんのおこしをお待ちしております。
b0320510_16211157.jpg
b0320510_16213418.jpg

[PR]
# by haruseikoku | 2016-05-17 16:23

フィルム確保しました

ブローニーフィルム100本と、バライタ印画紙を確保しました。しかも、格安でです。
これで、しばらくは気分は大海原です。
でも、小遣いが乏しくなりましたがね。
明日から桜の追っかけ始まります。
さて、今年も上手くいきますように。
カメラとストロボのメンテ完了です。
b0320510_21594755.jpg

[PR]
# by haruseikoku | 2016-03-30 21:59

写真の学校

自分が主宰するギャラリー壹燈舎で「写真の学校」を5月から開催します。
これは、昨年も開催したのですが、
今年は、さらに発展させて1クラス増設します。
詳しくは以下の通りなのですが、その1っ目が増設クラスです。
まったく初心者では無いけれど、写真をいまより少し上手になりたい、
と思っている方たちにお勧めのクラスです。
講師は若い女性カメラマンの宇野さんが担当します。
やさしく、時には厳しく、そして撮影会や合評会など盛り沢山です。
5月からぼちぼちやって行こうと思っています。

1、新たに開設しました「カメラまかせを卒業するための写真講座」ーー宇野真由子クラス

「シャッターを押すだけ」から卒業し、自分の写真を1ランクUPするための知識、技術を学べるコースです。
例えば良く聞く「絞り」と「シャッタースピード」はなぜ知っておいた方が良いのか?ということを「表現」という目線からお話していきます。
そして「こういう写真が撮りたい」「もっとこうしたい」という方向性を見つけて、それに近づけるお手伝いをします。
参加して頂く方々と一緒に、ご自分の写真のもう一歩先を探ってみませんか? 撮影会・合評会もあるので、実践しながら学べますよ。
「ws_uno01」写真
第1回は、5月12日(木) 19時から2時間 これで写真が見違える!絞りとシャッタースピード
第2回は、5月26日(木) 19時から2時間 レンズを使いこなそう!
第3回は、6月9日 (木) 19時から2時間 構図&光の方向性
第4回は、日程及び時間は別途 撮影会(人物撮影のコツを学びます)
第5回は、7月7日 (木) 19時から2時間 合評会

2、世界の写真家の作品と写真の歴史を学ぶ」ーー米戸忠史クラス

米戸クラスは昨年と同じように著名な写真家の作品を見ながら、「その写真家が何を表現したかったか」合わせて「写真の歴史」を、写真家の作品を投影し、その作品にまつわるエピソードなど交えながら学んで行きます。時には映画をも見ながら学びます。
「reki_01」写真
第1回は、5月28日 (土) 19時から2時間「ポートレート」の分野の写真家と作品を学びます。
第2回は、6月25日 (土) 19時から2時間「ドキュメント」の分野の写真家と作品を学びます。
第3回は、7月23日 (土) 19時から2時間「ネーチャー」の分野の写真家と作品を学びます。
第4回は、8月27日 (土) 19時から2時間「アート」の分野の写真家と作品を学びます。
第5回は、9月24日 (土) 19時から2時間「ファッション」の分野の写真家と作品を学びます。
第6回は、10月29日(土) 19時から2時間「ニューウェーブ」の分野の写真家と作品を学びます。
  別途、7月もしくは9月に「写真の見せ方、飾り方」の勉強をする日を一日設けます。日程決定次第通知いたします。


3、「PhotoShopを使った「レタッチの基礎」ーー中野利彦クラス

中野クラスは「レタッチの基礎」です。PhotoShopを使って、作品作りを行って行きます。受講者ご自身が自分の作品を実際にレタッチ出来るようになることをめざします。
「paso_03」写真
第1回は、5月14日(土) 19時から2時間 パソコンの基本操作〜画像の保存
第2回は、6月4日 (土) 19時から2時間 Photoshopの基本操作
第3回は、6月18日(土) 19時から2時間 トーンカーブ・レベル補正・カラーバランスの使い方
第4回は、7月2日 (土) 19時から2時間 レイヤーの基本〜クイックマスクを使った焼き込み覆い焼き
第5回は、7月16日(土) 19時から2時間 モノクローム写真
第6回は、8月6日 (土) 19時から2時間 Photoshopを使って作品づくり

各クラス共通
 受講料:27,000円(修了写真展・税込)
 最少実施人数:各クラス共3名
 定員:米戸忠史クラス10名
     中野利彦野クラス7名
     宇野真由子クラス10名
  受講のお問い合わせは,
Email:ittosha@opal.ocn.ne.jp
 
b0320510_8553564.jpg
      
[PR]
# by haruseikoku | 2016-03-14 22:26