デジタル風に吹かれて消えそうで消えない魅力ある銀塩写真にチョット嵌ってます。


by haruseikoku

<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

黒いろのために。

本日古希を迎えました。
いままで来れた体を与えてくれた両親と、自分を支えてくれた方々に感謝しております。
さて、自分らしいと言えばそれまでなのですが、
今日も暗室作業で「ぱちゃぱちゃ」と一日過ごしました。
来週からの「B&W写真倶楽部南船場」への出展作品の焼き直しです。
先日は、印画紙イルフォードと現像液オリエンタルPBの組み合わせでしたが、
どうも今回の作品に欲しい黒が出ないで大変不満でした。
そこで今日は、印画紙オリエンタルのVCFB、現像液ハイディナールを使用。
やっと、ばっちり自分の色が出ました。
ちょっと黒焼きかもしれませんが、自分では満足してます。
しかしこの現像液、もう生産中止されてます。
ストックが無くなるまでに、これに代わるのを見つけなければ、今回のようなときには困ります。
当面は9月の個展作品に必要となるのですが。どうしますか?
写真は、乾燥中のプリントと珍しくRCペーパーで樹を撮ったものを焼きました。
b0320510_20585058.jpg
b0320510_2112016.jpg

[PR]
by haruseikoku | 2014-06-26 21:01

扱いは丁寧に。の教訓

現在開催中の「大大阪展」。
4つギャラリーで共同開催していますが、壹燈舎のラスト写真展「水の都大阪」に出展するため、先日住之江の貯木場跡を訪ねました
とっても暑くて、天気はどんより。まさに梅雨。
こんな中、「本日の撮影は最低35mm4本」と決めて駅を降りたわけです。
でもこの貯木場、なかなか近付けないのです。
池の周りはほとんどが事務所か工場が建っていて、断り無しには入れません。
そして、断りを入れようとしてもなかなか人に合わない。
やっと見つけた駐車場。貯木場の際にありました。
そこから快調に撮影開始。
移動して、貯木場の木が運び出されたであろう水路も撮影。
っと、「パチッ!」嫌な音がした。
やってしましした。フイルムが切れたのです。
自分は、100フィートの長巻をパトローネに巻き直して使っているのですが、その巻きなおすときに多分傷をつけていたのでしょう。そこからフイルムは切断。
呆然です。なにも手当てが出来ない。今撮った1本のフイルムを犠牲にするなら次の撮影が出来るのですが、そうはいきません。
結果撮影終了。と相成りました。
思うのは、巻き直しの時はくれぐれも慎重に。
b0320510_10421917.jpg

[PR]
by haruseikoku | 2014-06-21 10:45

今年2回目

いやー、またカメラを落として壊してしまいました。
正確には、付けていたレンズのフォーカスが効かなくなりました。
1月にはローライを落とし、今回は1眼カメラです。
あんまり落ち込んでいないのはデジタルカメラだからですが。
と言っても壊れたレンズはフイルムにも使えるものです。
修理するには、オートフォーカスレンズとしては古すぎて、修理代の方が高いと思います。
今回は保険は効かないと思います。
これがライカM3だったらきっと泣いてます。

カメラを肩にかけている方、気をつけてください。
年を重ねてくると、肩の方も丸くなって、
「すー」っと滑り落ちます。
カメラだけで無しに、フイルムも昨日からの値上げで貴重品になりました。
今日、ビッグを覗いたら、35mm36枚撮りT-MAXが900円台になってました。
恐ろしいことです。
でも、まだデジタルはやらないですよ。
頑固に・・・。
b0320510_2242224.jpg

[PR]
by haruseikoku | 2014-06-02 22:06